スーパーコンパニオンでしかできない遊び

コンパニオンとスーパーコンパニオンの違いすら知らなかった自分。

40を超えているのにちょっと恥ずかしい・・・・で、ググってみると・・・

結局、エロチックなサービスというか行為が可能なのがスーパーコンパニオンやらピンクコンパニオンって呼ばれているコンパニオン。

スーパーやピンクがつかないコンパニオンは基本的にはお酌とお話だけっていうことなんですね。

とは言ってもスーパーコンパニオンやピンクコンパニオンって風俗扱いではないため、最終的なヌキみたいなものやら、セクシャルな技巧を駆使して・・・ということはないんですね。

派遣業で、そんなことしたら売春防止法にしっかり引っかかってしまいますからね。

でも限界ぎりぎりというか、スーパーコンパニオンならではの遊びがいっぱいあるのがいいところ。

もう少し若い頃だったら、「なんだ・・・最終的なのがないんだったら、お金払っても・・」と考えたかもしれませんが、40を過ぎたバツイチ独身男にとっては、スーパーコンパニオンとの遊びは、聞いただけでもそそるものがありました。

実際、経験してみると、想像以上に面白い・・・ストレス発散できる・・・・っていうのが実感でした。

だって、だってですよ、若い女の子と、野球拳をやって、おっぱいもませてもらったり、それからワカメ酒をふるまってもらったり、それに女体盛りを楽しんだり・・・なんてスーパーコンパニオン遊びじゃなかったら出来ないじゃないですか!!

おじさんは、若い子が好きなんですよ~。

◆関連リンク:http://howcollect.jp/article/14770